スーツ

困った鍵紛失時に助けてくれる専門業者~緊急カギヘルパー~

防犯性を考えて交換

犯人

現在の日本には、様々なタイプの錠前や鍵というのが存在しています。
その為、鍵交換を行うと言う場合には、まずどういったタイプの錠前に交換するのかというのを決めるという事が必要不可欠です。
そうした錠前を決定する為には、錠前についての知識というのをある程度有しているという必要があります。
錠前の知識について何も持たずに交換するものを決めるというのは、新しい錠前に交換しても防犯効果の向上に繋がっていないというような事にもなってしまいかねないためです。
しかし、きちんとした知識を持って錠前を決める事によって、より防犯効果の高い錠前へと交換するというのが可能となるのです。
現在、主流となっているタイプはディンプルキーと呼ばれるタイプのものです。
これはキーのブレード面に窪みをつけ、その窪みの深さや位置で錠前のシリンダーを押し上げる事によって施錠や解錠を行うものであり、非常に高いピッキング耐性を持っていると言われているのです。
更に、ディンプルキーは昔のシリンダー錠用のキーとは違って、キーの上下が逆であっても、施錠が可能となっているため使い勝手も非常に良いのです。
防犯性と使い勝手を兼ね備えているディンプルキーへの交換が現在では最も一般的となっています。

鍵交換によって錠前を新しいタイプの物に交換する事も防犯対策として非常に有効な手段となっていますが、それと同じぐらいの防犯効果となるのが、鍵の取り付けです。
よりピッキングに強い鍵へと交換する事によって、ピッキングの被害に合う可能性を下げるということが出来ると同時に、鍵を新たに取り付けるという事が非常に高い防犯効果を持っているのです。